So-net無料ブログ作成
男子禁制♪(…期待させたらごめん) ブログトップ

職場トイレ事情 PART2 [男子禁制♪(…期待させたらごめん)]

なんてったって小さい会社で、1個しかない男女共用トイレだ。
トイレ掃除も「掃除の会社の人」が片付けに来てくれるわけでは無い。
しかしトイレの掃除が女子社員の仕事というわけでもなく、
基本的に「皆でキレイに使うよう気をつけましょう」な状態である、
と、いうところまでは先日既に書いたとおり。

さて、わが社の人員は男性7名、女性2名。
このうち男性3名が「営業」として日中は殆ど社内に居ないこともあって、
トイレが社内に1個っきりで男女共用であること自体は
ま、そんなもんかな、と、判断できる。

が、しかし、勘の良い女性ならお気づきのとおり、
生理中に発生する汚物の問題が残るわけだ。

トイレには「汚物入れ」が備えられてるんだけどさ。
誰が片付けるのさ。
いや、アタシら以外の誰かにやってほしいわけじゃないぞ、
いつ、どうやって「こっそり」片付けりゃいいんだよ?
昼休みの女性しか残ってない瞬間を見計らって?
ってことなのかしらねー、と、うっすら考えてはいた。

今日、同僚の女性が初めてこの問題に言及したのだった。

彼女も、私の前任であった女性も、
この会社のトイレでは基本的に汚物入れを使用してないと言うのだ。

使用済みは汚物入れに入れておくのもアレだし、で、
くるくるっとナニモノかのゴミとして包み隠し、
トイレから職場のゴミ箱まで持ってきて捨ててるのだ、
こっそり、人目をしのんで。

……。

たまに職場の誰かが「あのメモ、やっぱ要るワ」と
ゴミ箱をがさがさしたりしようものなら、もう蒼白、
だそうだ。そりゃそうだ。
と言っても「社外」にゴミ箱があるわけではないし。

ワタクシの生態をよくご存知の方には今更だが、
私自身は生理用ナプキンを「布」に変えて久しい。
この汚物入れ問題は今回悩む必要が無く、
ちょっと気になるな、って程度だったわけ。
使用済みを持ち歩くことが「こっそり」なのは変わりないけど、
…使用済みを捨てる場所を求めてウロウロするくらいなら…

「布」の話題を出したところ
同僚が目を輝かせて興味を示したことは
言うまでもあるまい。


nice!(0)  コメント(0) 

来るか「布」ブーム [男子禁制♪(…期待させたらごめん)]

布ナプキン、また新たなブームか?
女性向け通販大手「フェリシモ」でも取り扱いされるようになってるのだ。
さすがに「紙ナプキンはどうも、カラダに毒やぞ」
というとこまでは言及してないようなのだけどね。


nice!(0) 

「布」、言い足りないこと [男子禁制♪(…期待させたらごめん)]

洗濯するのを「面倒くさいだろうな」とは思ったが、躊躇はしなかった。
「布、イイで~」と周囲の女性たちに薦めるときでも、
「経血を洗うことへの抵抗」なんて声は上がらなかった。面倒くさいというのはまた別の話。

血まみれ洗濯それ自体をトンデモナイ、とばかりに「え~、洗うの?」と、いう女性、
その人、まずいよ。実際居るんだけど。
だって、オンナ20年以上やってりゃどんなに気をつけてたって、
一回や二回は血まみれ事件を起こしたことがあるだろう。
血がついちゃったぁ、程度のことで騒いで毎回布団や衣服を使い捨てにするわけには行かん。
少なくとも私は今までの人生、一回や二回の血まみれじゃ済まないぞ。
だから「え~、洗うの?」派さんに会ったら、チェック入れたいところ。
「アンタさては、血まみれの汚れ物、ママに洗ってもらってただろ?」
布ナプキンのサイトを覗いてみても、
いちいち「経血を洗うこと」を神聖視するかのような記述が目につくことがあって、
そういうのを読むにつけ、疲れるなあ、もう、と、思ってた。

これが大便なら病原菌の巣だから衛生上大いに問題となるけど、
尿すら汗と同じという話だし。その汗だって自分のはともかく他人のは嫌だ。
経血も汗と変わらん。他人に見せたくない排泄物、というだけのことで、
自分で処理する分にはガタガタ騒ぐほどのこっちゃ無い。

科学的に行こうよ、大人なんだから。


nice!(0) 

「布」補足 [男子禁制♪(…期待させたらごめん)]

洗濯の手間には躊躇しなかった私も最初はご多分にもれず、
「外出先で取り替えるときどうすんの?え、使用済が鞄に入ってる状態?うーん…。」
という事実に抵抗を感じ、
ま、家に居るとき(夜間など)に使って「紙」と併用してみよう、と、思っていた。
ところが実際に使用すると、この「抵抗」はあっさりクリア。
このへん、月経や経血に対する意識の変化云々、と、
ややフェミニズムっぽい精神論に発展させられそうだけどポイントはそこじゃなくて、
Wemoonのクリップオンタイプと呼ばれる製品は「紙」に慣れた身に違和感無く、
しかも機能面でやたらよく出来ているということ、それに尽きる。

見た目のかわいさは勿論、機能の上で、吸収性で「紙」と遜色無い。
そして汚れた面を内側に折りたためばハンカチ持ち歩くのと大差無い。
元々生理用品の入ったポーチ(ましてやその中身なぞ)を大っぴらに人目に晒す習慣は私は無い。
化学的な説明は専門サイトをご参照頂くとして、本当に「におわない」。
(無理して嗅いだらにおうだろうけどさ。そこまでせんやろ、フツー。)
その事実を実際に確認してしまうと、「家で試し」のはずが、
あっさり外の世界まで持ち出しちゃいました、というのが真相だ。

「布」を使い始めたその瞬間に「これはイイ!すげえイイっ!」というような、
そこまでの感動は無かった。
だって、使い心地、フツーなんだもの。
寧ろ「なんだ、紙と変わんない」「だったら、布でも問題ない」というくらいだった。
が、しかし。
最初は「お試し」ということで少ないめに購入しておいて、
元より「外出先では、紙」と思っていたから、併用してたのだけど…
この時点で「紙」に違和感を覚えてしまった!「布」が本当で「紙」が仮のもの、という感じ。
洗濯した「布」が乾くのが待ち遠しかった。
すぐに買い足し、あっという間に「布」オンリーに。

それでも私も「カブレのヒリヒリ」が起きてなかったら
「布」に手を出したかどうかは自信無い。
あんまり誰にでも薦められるってもんでも無いのかなあと弱気になるが、
一年前のその時点でストックしていた「紙」がその後全然減らなくて、捨てちゃいたいけどどうしよう、
と、困っているのは、確か。


nice!(0) 

布フェチじゃないけれど [男子禁制♪(…期待させたらごめん)]

布フェチという人種というか、マーケットがある。
とにかく「天然繊維」「天然染料」がイチバン良いとされ、
お高い天然繊維礼賛!なノリ。
そういうのもいいとは思うんだけど、いざ使うとなると、
私は実用で勝る化学繊維を選択していることがよくあるのだ。

でも、コレはもう布製品に軍配。尤も、敵は「紙」を名乗ってるけど。

生理用ナプキンを布製に変えてそろそろ一年。
その存在を知ったのはもう何年も前になるけど、「バイオスフィア2」とかいう
環境問題の実験みたいなヤツの記録で読んだのが最初だ。
その後、某漫画家が「イイぞ!」と誉めてるのを見たときに「へえ」と思ったが、
どうイイのかまでは分からなかったし自前で手づくりして、って話だったしで
無精者の私には縁遠かった。

縁遠いなりに気になる存在だったのが「イイねん、これ!」と、実践者が現れた。
彼女は仕事で開発途上国へ出張する機会があり、
そういう土地では「化学ゴミは捨てられない」そうだ。
現在普及している「生理用ナプキン」は一般に「紙」と認識されているけど、
正しくは紙製品ではない。化学処理された不織布と吸収体で出来ている。
この「化学処理」が問題で、有害物質になる、土壌汚染の原因になる、
だから捨ててこれない。彼の地への出張中に生理が来た人は、
使用済みを自国までお持ち帰りすることに。…ちょっと、つらい図だ。

「必要に迫られて使い始めてんけど、イイねん!」と、彼女は熱く主張した。
「生理痛も無くなったし。
あれ、今の(化学処理済みの)生理用ナプキンて、あかんで。
絶対、なんかクスリいっぱい使ってるで。」

実は私もここ数年、やたらカブレるようになってきていた。
毎回毎回、スタンバイ時より3日目くらいから終わりまでヒリヒリしてた。
言われてみれば…自分の乾燥肌を理由にしてたが昔はそんなことは無かったんだから、
近年になってからの薬剤処理が原因かも?

「とにかく具合イイねん。
しかも、カワイイねん!ああもう、今使ってるのを見せられへんのがつらい!」

ここまで主張されたら捨て置けない。
彼女のご推薦はオーストラリアのメーカー「WEMOON」の製品。
ネット通販で購入できる。
通販サイトを覗いて初めて「カワイイ!」を理解した。なるほど。予想外のかわいさだ。

「ま、スタンバイのときだけでも」と使い始めたところ、
完璧にはまってしまった。「多い日」がより快適に。
洗う手間は、その手のサイトで提唱されている「つけおき洗い」。
入浴のついでに洗って、それだけでも十分だけども更に脱水を兼ねて洗濯機へ。
確かにこの「洗う手間」は面倒くさいんだけど、
「使い捨て生理用ナプキンを常に買い置きしておく手間」から解放されるし、
「使い捨て生理用ナプキンの使用済みをゴミ出しする手間」も不要だし。
ちなみに気に入っている製品はネル地のもの。
無地も売ってるけど柄モノのほうが楽しい。
「寝るとき用」としてタオル地の他社製品も併用している。

生理痛は私は元々無いに等しいのでアレだけど、
「我慢して当然」と信じ込んでいたあのカブレのヒリヒリが完全に無くなった。
おかげでスタンバイ使用も「早め、早め」で安心。
いいことずくめなんだが…なかなか信じる人が少ないのがつらいところだ。


nice!(0) 
男子禁制♪(…期待させたらごめん) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。