So-net無料ブログ作成
美容・ダイエット(?) ブログトップ
前の10件 | -

白髪染めデビュー [美容・ダイエット(?)]

私は毛染めをしたことがない。

茶髪がどうとかいう以前に、
気にしないでおこうと言ったってもはや
「気にしてない」なんて絶対言えない状況まで追い込まれていた、
白髪問題。

だって、前髪と、頭頂部が集中して白くなってんだもの。
(後ろと中のほうはたいしたことないらしい、美容師さん曰く。)

実際の量の問題はともかく、
パッと見、「白髪ばっかりの老女」な角度がある。
「気にしてないから」なんて言えません。気にしてます。気になります。

おしゃれ染めをせずにここまできたのは
毛染めの薬剤がコワイらしいという知識が邪魔をしたためで、
しかし「白髪染め」は話が別だ!

でも白髪染めってさー、
一度始めたら、もうやめられないわけよ。
やめる時にはかなりのエネルギーがいるわけよ。
自分で染めるのは面倒くさい、
美容院で頼むのは費用はもちろん時間も惜しい。
惜しい上に、

いくらきれいに染めたって、
1週間もしたら根元から白さ輝いてきて、
4週間目には限界。

4週間おきに必ず美容院で毛染めの為に半日過ごす生活、
そんなの、このズボラな私にできるだろうか。

と、悩んでる間にもどんどん白髪は増えてくる。
そこへ、お友達からのクチコミ情報。

主婦向けの時間帯のテレビショッピングで大人気、だって。
その名も「利尻昆布白髪染め」。

曰く
「添加物無し、自然派トリートメント」
利尻昆布エキスがどうのこうの…正直、胡散臭さ大爆発なのだが…

何せ、お友達は大絶賛だ。
お友達のお母様も利用して気に入ってるという。
お二方ともシティ~派の身だしなみにはウルサイ方々なのだ、
宣伝どおり、
本当にニオイがしなくてピリピリしなくて、トリートメント効果があるということか。
しかもお風呂で使ってあちこちシミにならないかって訊いたら
「ならない!」とキッパリ。

ネットでのクチコミも概ね良好。
ネットの中ではもちろん、けなしてる人もいるけど、
けなしてる人の情報も内容を分析して、
好意的なほうの情報を読み取れば、だいたい傾向はわかった。
ガッチリ染まる染毛薬を期待した人はガッカリし、
そうでない人は満足する。

というわけで、
楽天で「2本セットで6000円、税・送料込、10倍ポイント」
を見つけて、注文。

黒とダークブラウンを1本ずつ買って、
最初は黒を開封。
1回めはこわごわやったら染まりあがりは今一つ。
でも翌日、
2回目の挑戦はドーンとやったら「だいたい」染まってきて、
更に3回目には「ダークブラウン」を開封して試してみた。

(染めてない髪には
 1回目は色が入りにくいらしい。2回目もまだ入りにくいみたい。私は3回目から
 「お、染まってるな」と実感。)

「染め」というよりはたぶん、ヘアマニキュアのほうが近いのではないかな。
黒い毛に明るい色が載るほどの染め力は無いけど、
白い毛には色が入る。

翌日以降、洗髪する際にかなり色が落ちるようだけど、
宣伝文句どおりに
ニオイやピリピリ感は全く無いし、
確かに手は染まっちゃうけど洗えば落ちるし、
「色水でタオルやらを汚さないよう気をつける」程度の注意しか要らなくって、
髪がパサパサになるんでなしに普通のトリートメント効果があるので、
染め残しがあっても「まあいいや~」と思える。

本気のヘアカラーのインターバルに最適で完璧な白髪染めじゃないかなあ。
(お友達はもとよりそういう目的に使用しているのだ。)

というわけで、しばらくの間、
利尻昆布のお世話になろうと思います。
白髪染め世代には強い味方だよ~。

できごころ。 [美容・ダイエット(?)]

職場での入用があって「ショップ99」へ。
ついでに私用の買い物もするのが常だが、
昨日ウッカリと…

『ぱくっとカフェモカ』なるクレープを。
20円引きシールついてて……つい。

で、今日のランチタイムのデザートに。
(もちろん賞味期限は昨日だったのだが)

ウマイじゃないか!
あっモンテールのだ!モンテールのならそりゃハズレ無いわ。
おいしー!85円でこれだけ美味しければ満足♪

って、

パッケージにはカロリー表示が無かったのだった。
どれどれ、と、ネット検索してみる。

……。

ヒェーーーー。
232!!!!!!!!

ショップ99にはダイエットの神様は降臨されなかった。

ダイエットの神様 [美容・ダイエット(?)]

一人心斎橋をぶらついての昼食後、ひょっと思い立って
ものすごく久しぶりにココア専門の喫茶店に入った。
心斎橋の賑やかな通りからちょいと入ったひっそりな一角にある小さい店で、
20年以上前からそこにあると思う。

店に入る前には甘いココアを飲む楽しみついでに
「ココアに合わせる甘いお菓子もあるはず、
いっそ甘々コンビネーションを堪能しちまおう」
などと、自称ダイエッターとしてはかなり不届きな事を企んでいた、実は。

20年以上前からひっそりとそこに変わらずある小さい店は、空いていた。
…店の奥に一組の客が居る以外は…女性二人組。

げっ。重量級。

二人とも、二人とも…重・量・級!
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!

世界中の「太っている人」を私はバカになんかしてない。
私は太っている女の一員としての自覚を常にもち、
昨今の「太っている人を何が何でもバカにする風潮」をマジメに憂えている。

ああ、しかし。

重量級の彼女らはしかし、私が店の前でイメージしていたように、
ココアと甘いお菓子を前に語らっていた…。
この選択こそが重量級の発想と言わんばかりと気づかぬわけにも行かず。

気づいてしまった以上、それでもココアを単品注文したが、
「ココアプリンのカラメルソース掛け」や
「バナナなんとか」とかは無視することが出来た。

そうか。
この二人は、ダイエットの神様が遣わしてくださった
天使たちに違いない。

ほんの少~し気をつけて生活していると、
ダイエットの神様は時々ご降臨なさる。
前はUSJで、ファンネルケーキなるモノを食べようとした時…

連れは「1個だけ頼んで半分こしようか?」と言い出した。
私はせっかく初めて食べるんだから一人前にトライしたほうが、
と思ったその瞬間、目に入った、その時も何故か二人組。
一人が一人前ずつ抱えていた、ファンネルケーキを
…揚げたホットケーキにクリームをドカ盛りしたかのごとき強烈な一皿を…
平気でぱくつくその二人も、今日お見かけしたような重量級天使たちだったのだ…。
私が天使たちの無言のお告げを理解し、
連れの提案に従うことにしたのは言うまでも無い。

だってさああぁ、
やっぱ太ってるってつらいことのほうが多いんだよ!
こないだ岩盤浴行ったけど、
レンタルの作務衣、かなりでかいサイズなんだろうけど、
最初からサイズ一種類しかなくてロッカー備え付け状態だもの。
「フリー」って、そうは言ってもねえぇ、
まあこないだはそれを黙って着たし、着られるサイズだったけども、
去年の私だったら確実に、
「入りません、もっと大きいのありませんか?」
って、言わなくちゃならないとこだったんだよ!
岩盤で汗流す前に冷や汗かくよ。マジだよ!

あー、「太り気味」まで痩せててよかったっ!

うーむ、やっぱ肥満はイカンね、肥満は!
できれば毎日ご降臨願いたいわ、ダイエットの神様。


nice!(0)  コメント(0) 

ヘアケア [美容・ダイエット(?)]

母の鏡台で長らく使用されてきた「ルーネット」の柄が折れた。
「ルーネット」、知らないかなあ。
私が小学校頃に登場したと思う、もう20数年前か。
キャッチコピーは憶えてないけど、
使いやすいヘアブラシとして市民権を得ていたように思う。

ルーネットはとうに廃盤商品になってたようで、
しかしそれに変わる優秀なヘアブラシが売られている気配も無い。
高級品としてすぐに思いつくブタ毛だかのほにゃららしたのは
地肌への当たりが悪く、多毛な私と私の母には物足りない。

昨今の女性たちはそりゃ髪へのこだわりときたら
昔ながらに尋常でない人のほうが多いように見えるが、
どうやらこだわりの矛先は「スタイリング」一辺倒なようで、
ブラッシングにこだわるのは古臭い世代にのみ残る慣習らしい。

困ったもんだ。長い目で見りゃスタイリング、なんかより
髪そのものの健康のほうが大事だぞ。
剥がれたキューティクルの補修じゃなく、
キューティクルが剥がれない生活を心がけるほうが…

などと言いながら私自身、元来髪のお手入れなぞに熱意があった試しは無く、
…近頃ヘッドスパに行ってみたりしたのも髪の為じゃなく
顔のリフトアップの一助になればという魂胆からだったし…
この数年来はベリーショートスタイルの時期が続いていた所為もあり、
髪を梳かす習慣も「スタイリング」に執心するのも概念に無かったが
ちょっと長めにのばしている最近はそう横着な事も言ってられなくなった。

で、
ネット検索で目星をつけたのが「ツゲブラシ」。

柘植(つげ)の櫛、の、ブラシバージョン。
髪に悪かろう筈が無く、しかも「椿油」を染みこませるのが主流らしい。
何よりこれなら地肌へのアタリもバッチリで満足できそう。

というわけで、早速高島屋で買ってきた。
案内のおねえさんにあちこちの売り場に電話でたずねてもらって
漸くみつけたような次第だが、使い心地はよろしいようで。
お勧めしときます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
後日談:
髪を梳かす目的には純粋に「柘植の櫛」のほうが都合よいかも。
柘植のブラシ、使い心地は満点大満足なのだけど、汚れを落とすのに一苦労。
じゃぶじゃぶ水洗いしてはいけない素材なので拭き取るしかない。
大き目の櫛もいっしょに買ったんだけど汚れを拭き取る手間は、
こちらのほうがまだラク。


nice!(0)  コメント(0) 

板についてきた [美容・ダイエット(?)]

「美容元年」を標榜していたわりには停滞した春を経て、
最近になって漸く「標榜」にしたがってエステ通いが日常化してきた。

「ココ!」と決めて通い始めたエステ屋さんで回数券を買っていたくせに、
仕事にかまけて行かずに済ませた数ヶ月。
おかげで「期限が切れてしまう!」とエステ屋さんのほうが気を遣ってくれて、
「とりあえず予約、抑えてください!」と。
回数券使い切るのに結構つめつめな日程で予約を入れた、
この3回。

通い出したら勢いづくもんで
前回行った時なんかこのエステ屋さんで顔やってもらって、
その続きに無意味にヘッドスパ屋にも寄ってしまった。
何やってんだか。

「美容にカネをかける」ってのも
「板についてきた」と言っていいのだろうか。

そもそもは
食べ過ぎ生活を改めるに当たっての苦肉の策というのが本当だったのだが。
「食う」以外の趣味が無いんだもん。
たまの一人歩きが気分転換で、一人で歩いてたらあちこちで食ってしまうのが
私の悪い癖だ。
「食」に掛けてた経費と時間をまんま美容に回したら、
その分、余計に食べる予算とヒマが物理的に減り、
相乗効果でダイエットに励めるぞ、と、そういう目算だったんだけど

…今日もまあ、ランチに一風堂の赤を一杯食べただけで済んでるんだもの。

もともとの私が心斎橋界隈で過ごす休日ともなれば、
ラーメン1杯は当然として、
佐世保バーガーとココリコのクレープの一つくらいは付けてた筈、
「たまの贅沢」「気分転換だから」とか言っちゃってさ。
「たまの贅沢」をエステ屋に回してるだけなんで…
財布の事情は変わらん、筈なんだー!

と、
またエステ屋で回数券を買い足した言い訳を
いっぱい考えてみた。
薄い給料袋を思い出しながら。

比喩的な意味じゃ無いよぅ、先月書いたとおり、
我が社は現金支給なもんで。そして薄給。

いいのか、あんな薄い袋から、こんな贅沢して!?
エステ行って顔作って、何の役に立つ!?
アタシの顔の毛穴が開こうが縮もうが、誰も見やしない。
なんたる無駄、なんたる分不相応。

…なんて疑問はこの際捨て置く37歳独身。


nice!(0)  コメント(0) 

エステ散歩 [美容・ダイエット(?)]

本来なら明日から新しい職場に出勤するにあたって
まずは家の掃除でもして気持ちを新たに、
というのが正しい過ごし方と思われるこの週末、
土曜日を実に無駄なグータラ、しかもドカ食い状態で無駄にした。

今日はせめて運動量を増やそうと明日からの通勤定期券を購入がてら、
都会へと向かった。
ネット検索やホッ○ペッパーのクーポンで見て気になっていた
数軒のエステ屋の見学も兼ねて。

ホット○ッパーのクーポンで見た店は…入口からして、すごかった。
ま、ホ○トペッパーでディスカウントが5割引とかなんとか
(2割引くらいまでならまだしも)
定価がどこにあるのかサッパリ、ってその手のエステ屋は、
残念ながらどこも「それなり」な感じ。
「タダではディスカウントしまへんでぇ」臭がぷんぷん。
入口だけ見たら、満足した。
だってホットペ○パーで半額、
入口に貼ってあるキャンペーンなんて8割引くらい。
ただ、本当に「そんなお値段」で満足の結果が出るサロンが存在して、
私だけが頑固に身の程知らずにもお高いサロンを有難がってるんだとしたら、
間違ってるのは私のほうってことになるから
一度は確認しておこうと思ったんだが
…私にはあの入口をくぐる勇気は無いなあ。
分からないのはこのサロンが某百貨店にも出店してることなんだが…。

と、そのサロンの某百貨店内にあるお店も通りかかってみた。
さすがにもっとお上品でお行儀よさそうな店構えだが、
「高っ!」。
キャンペーンメニューだけは庶民的なお値段なんだけど、
それ以外の「定価」が、フツウのOLのお財布には、ちとキツい。

で、
その某百貨店内にある別の美容院でヘッドスパなぞ受けてみた。
「気分転換」にはよろしいな。5250円は高いか安いか?
ま、1時間かけて丁寧~~にシャンプーして貰った、って以上に
果たして世間で言われる「頭皮の健康によかった」かどうかは、ども分からん。


nice!(0)  コメント(0) 

罠だらけ [美容・ダイエット(?)]

昨日実は、また飲んだし、いっぱい食った。

何しろ会社で「期末で打ち上げ」って言って
会社の建物内の喫茶ラウンジで「軽い飲み会」が行われてしまったからだ。
「おつまみ程度」って聞いてたのに、
おつまみにしちゃえらく立派な皿がズラリで、
全種類一口ずつ食べるだけでもえらいことになりそうだった。
私たちよりも早い時間に打ち上げを始めて終えていた別の部署の方々が、
残った皿を回してくれたとかで、余計にすごい量の皿が並んでいたらしい。

多少は自重したので全種類も食べてない、
というより全種類食べるのは無理に見えたくらいなのだが、
カラアゲ食べたし、ビールは偉い人が注ぎに来てくれるから飲まざるを得なかったし、
ただ、時間帯は「食べてもいい時間帯」に入れてる午後6時台の行事だったので
あまりイライラしないことにした。

しかし帰宅したら「牛すじとコンニャクのピリ辛煮」がいい具合で…
食べてしまった。
ほかにもイロイロ食べた。

…だってだって、

「打ち上げ」の後、部署のチーム単位の飲み会とやらもあったのは
それだけはせめて断わったんだよ!
それよりはマシ!!
本当は昨日も体調がものすごく悪くて、飲みたくも食べたくも
働きたくもなかったのに。

社会には人生の罠がいたるところに張り巡らされていると思う。
…皆、敵だ…。


nice!(0) 

食道楽にダイエット [美容・ダイエット(?)]

ダイエッターの私にとって今月の17日から26日にかけては
「魔の10日間」だった。
17日と20日と26日、に会食が入ってたんだもの!!
しかも17日は本来なら飲み食い禁止指定の時間帯で20時スタート、
20日は19時スタートだけど強敵「しゃぶしゃぶ」。

元々食道楽と「太らない生活」の両立を目指す私だ、これは、勝負だ!

で、会食の前後の食事を慎重に調整し、10日間、何とか踏みとどまった。
踏みとどまった上に、いくらかのお釣りを得た…つまり、少しだけど、体重減。
えらいぞ、やれば出来るじゃないか。

しかし、お釣り貰ったと確定した時点で気が抜けたんだろうか。

昨日は朝、普通の朝食の後に、
家にあった「メープルメロンパン」を1/2個食べた。大きいやつ。
前夜から「明日これを食べようかどうしようか」とすごく悩んだが、
あまり神経質に食事制限するのも意識的に避けていることもあって、
とりあえず食べた。

ところが、
昼にも職場で食事タイムに配られてしまったお土産のオヤツを、
食べないわけにも、って雰囲気で…美味しかったんだけど…。
そして更に、
退社時には更に別の方から京都銘菓「阿闍梨餅」を貰った!
ええいチクショウ、少なくともお昼のお土産よりは、
阿闍梨餅を食べたかった!

太る時はせめて本当に食べたいもので太るべし!
食道楽ダイエットの基本やないか!バカ!
まだ修行が足りませぬ。

教訓とするため、阿闍梨餅は「冷凍していつか」なんて言わず、
家族に譲ることにした。
母はお仏壇にお供えした。

明けて今朝、
仏さんが「おあがり」ってアタシとママに阿闍梨餅を下げてくれはりましたんで、
二人で半分こしました、とさ。

懲りてないな。


nice!(0) 

ダイエット休戦宣言 [美容・ダイエット(?)]

やっと「食べ(過ぎ)ないダイエット」に目覚めた栃木県在住アラさん(仮名)と
手に手を取って(いや、気分として)相互監視の下でダイエット道を邁進中。
やっと1週間が過ぎたところ。

1週間真面目に暮らしたのでぼちぼちお休みを、
と、いうタイミングでダイエット休戦宣言をして朝食も多めに食べ、
夜は数日前から予定していたとおり、
会社帰りに同僚の派遣仲間、女性ばかり5人で外食してきた。

だがしかし。
職場近くにあるラーメン屋感覚の気軽なスパゲティ屋で
各々が好みのスパゲティの単品注文。
その後、店を移してコーヒー飲んだだけ、

で済んでしまいました。
アルコールも無しだよ!

食後のコーヒーを飲みに入った店でも「キャー、ケーキぃ」発言も聞かれず。
…フツーの女性たちって…。

前に「9時5時OL」生活を送った職場では
しゃぶしゃぶ食べ放題の後に「アイスクリーム食べたい!」と
閉店間際のサーティワンに駆け込み、
挙句「ダブル!」を頼む猛者が居たものだが。
そうか、あれはやっぱり「猛者」だったのか。

ダイエッターには助かるけど、拍子抜け。

なお、
しゃぶしゃぶ食べ放題の後にアイスクリームをダブルで食べた猛者とは、
私のことではありません。念のため。


nice!(0)  コメント(0) 

しつこくダイエット [美容・ダイエット(?)]

危なかった。何が「ビックリするほど増加させてるわけでは無い」だ。
もうちょっとでダイエッター辞めてしまうとこだった。
「浮腫み」と思っていたのが実は「ミ」だった、

って、けっこう怖いぞ!

2月に入ってから今の職場で働き始めて通勤でよく歩くようになり、
仕事でも事務職採用の割には体力を要し、
最初の週はまあまあよい感じに体重も落ち出していた。
ところが2週目には市街地の誘惑というものだろうか、
激安ドラッグストアでお菓子やら何やら買い込むクセが出て、
あまつさえ帰宅後の夕食をしっかり食べたいだけ食べていた。
夕食後に「オヤツ」にまで手を出してた。

これで太らなきゃウソだ。

しかもうちの母は父の介護に使っていたエネルギーがまるまる余って、
料理の手間に回っている。
私の事情を母も解ってるから「食べなくていいよ」というものの、
私のほうが誘惑に勝ててない。

太ってるからって誰かに何か迷惑かかってるか?いいや誰も気にしちゃいまい。
もういっそ、「好き放題食べる生活の甘い幸せ」の罠に
甘んじてハマってしまおうかとさえ思った。

で、某アラさん(仮名)から弱気メールが届いて
アラさん(仮名、しつこい?)の食生活に対して説教…もとい、アドバイスしてるうちに、
我に返れた。人様へのアドバイスが、まんま、自分に跳ね返ってきた。
危なかった!本当に、危なかった!
とりあえずまた3ヵ月くらいはもつだろう。

本格ダイエッターの道のりは、地道でとっても長いんである。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 美容・ダイエット(?) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。