So-net無料ブログ作成
検索選択

謎の女料理人 再び [食べる]

またまた行ってしまいました
千日前の不思議空間『煮たり焼いたり』

(前回は6月11日付 http://puki-pura.blog.so-net.ne.jp/2010-06-11

6時過ぎに予約して到着、
メインを頂いて締めのリゾットまで今回もやっぱり4時間、
店を出たのは殆ど11時。

前の日記の繰り返しになるけど、
謎の(?)女料理人が一人でやっていて、
一人でやってるのに凝ったものを出すので
料理もドリンクも出てくるのが異様に遅い。

料理だけでなく、実はドリンクにも凝ってる。
生ビールは決まったビアグラスに
泡の分量にまでこだわってじっくりと注ぎ、
ロングばかりとは言ってもカクテルの種類も豊富で
それをリキュールからいちいちきちんと軽量して
完璧な調合をする。

こんな小さいお店なんだから
「ビール」と言えば缶ビールでドン、
「カクテル」と言われても缶やあるいは
業者向けに売られている紙パックのを
トクトクトクっとコップに次いでハイドーゾ、
ってされたところで、
誰も文句言わないだろうに。

一人でこんな使勝手の悪い極狭スペースで、なんもかも「完璧」やってたら、
遅くなって当たり前なんである。

「遅い」と評されることをこの女料理人は
とっても気に病んでいるふうなのだけど、
それじゃあメニューをもっと簡略化して
料理の種類も減らして、
ドリンクも缶やビンのまま出しちゃおう、
という方向には心が動かないのだろう。たぶんね。

そして出されるお料理は、ドリンクも、
とーーっても、すばらしい。

箱の小ささもすごいが
立地条件もすごい、
このお店はしかし、
妙に居心地はよい。
マニアックな料理屋。

今回、「フレンチ?」と訊いてみたら
「家庭料理の延長です。
 どこにも修行に行ったことないですから。」と。

そう、シチューなどはフレンチレストランぽいのだけど、
海鮮のグリルなどはイタリアンぽいよーな。
違いはよくわからねど、いろんなもん出してくれるなあ、とは思う。

とにかく、
素材のエグミとか雑味とかが無い、
「あっさり」と言ってもよい後味なんだけども、
どの料理にもコクがある。
皿によっては濃厚ですらあるのだけども、
不思議と胃にもたれることは無いので、
どうもバター等の脂は極力使われてないのではないかと。

基本のダシ(スープ)は野菜中心だそうで、
「これがフレンチかな?」と、女料理人。
たぶん古典的なコンソメのレシピをイメージしてよいのかと。
手間ヒマと原価のかかるすごいことを
やってそうな気がする。

グリルもいいんだけど、
仕込から手間ヒマかかってるのが見てとれるシチューはここの看板メニューで、
煮込まれた肉は「とろける一歩手前」の絶妙なとこのやつが
サーブされる。

今回頼んだシチューは
佐賀牛のフォン・ド・ヴォーシチュー。

シチューだけでもボリュームあるし、
単品でもよさそうなものだけど、メニューを見たらどうしても
「コース」を頼みたくなる。
いろいろ出してもらって、トータルのお値段お安め。

飲みたい人は最初からボトルやハウスワインのデキャンタなどを注文して
手元に確保しておくとよいです。
 (あ、ボトルワインもお安い気がする。)
グラスが空いてからお願いしても、
彼女の調理の手が空いて、なおかつ気が向いた時(!)しか
相手してもらえないかもなんで。
(いや、純粋に手が足りないだけですが。)

要予約、日・月曜休。
ブイヤベースなど海鮮類を注文したい場合は
予約時に伝えておくのが吉。
「確実によい材料を仕入れておきます」、と。

時間の気になる人は時間の読めないコースはやめて、
アラカルトで1品か2品までが限界かな。
それでなくても「あ、ごめん、電車の時間」と、
コース途中で切り上げてる常連さんふうの方も見かけましたから、
臨機応変に。
20101118煮たり焼いたり-1.jpg

追記:その後、要予約必須に変更されたそうですのでご注意を。

共通テーマ:日記・雑感

フェンネルの活用法 [食べる]

私にとって
アロマテラピーの香りの中でも好きな香りなのだが
いざ植えてみると活用できなかったハーブ
「フェンネル」。

実は昨年春に種をまいたが大きくなる前に消えてしまい、
何故か1株だけが残った。
この1株が畑でやたらでっかくなったのだが、
種を少しお茶で飲んだ以外は「でくのぼう」扱いで、
ほったらかしにしていた。

今年の夏の終わりに再度挑戦、種からぼちぼちと育ち、
秋になってまずまず、いい感じの葉っぱに。
フェンネル畑.jpg

今回の再挑戦の前にあらかじめフェンネルの大量活用にピッタリ、と、
みつけておいたレシピが「フェンネルの水餃子」。

水餃子、というくらいなので
むしろ和名のウイキョウと呼ぶほうがイメージが合うかも。
「フェンネル、水餃子」で検索すれば
あちこち親切なレシピとその体験談にヒットする。

今日参考にしたレシピでは
フェンネルの柔らかい葉先だけを刻んだものを、
100グラム程度用意。

 20101107水餃子01.jpg
それから豚肉200グラム弱を叩いてミンチに。

(もちろん豚ミンチを買ってもいいのだけど、
 我が家ではどんな料理に使うミンチでも
 安い豚肉を自前で叩いてミンチ扱いすることが普通。
 そのほうが余計な脂が少なくて、美味しいです。)

豚ミンチをよくこねてから
刻んだフェンネルと、調味料(塩、コショウ、酒、ゴマ油等)を適宜。
更にこねる。

20101107水餃子02.JPG

今日は勢いあまって餃子の皮まで
自前で用意してしまった。
強力粉200グラムに水を110㏄程度あわせて
よくこねて、30分(以上)ねかせて、

更によくこねてから
細長く棒状にのばして、
40個程度に切り分けてから各々をおだんごにして、
のし棒でのばして丸い皮に。
(もちろんあちこちくっつくので、小麦粉を適宜使用。)

20101107水餃子04.JPG

で、具を包む。

20101107水餃子05.JPG

ぐらぐら沸騰したお湯に一つ一つくっつかないように投げ入れて、
全部投入してから
5分間。

すくいあげて、完了。
二杯酢などで頂きます(好みで。)。

生の状態だとフェンネルの葉っぱのもしゃもしゃ具合が
いかにも「まずそう」で心配になるが、
茹でてしまえばアーラ不思議、豚肉との相性抜群。
餃子の皮の中で完璧なハーモニーをかもしだすという、
なんかとってもすごい水餃子になった。

フェンネルは「中華野菜」として売られてることもあるらしいけども
ウチの近所では見かけた覚えがないんで、
我が家では
畑で葉っぱが茂ってる時だけのメニューということに。

とりあえず餃子の皮、
買うほうが絶対ラクチンなのだが、
作るほうが間違いなく美味しい。
と言っても、自分で作るのは初めて。
今回は水だけで練ったけども、
少し塩を足しておいたほうが、ウドン感覚で食べやすいかも。

共通テーマ:日記・雑感

白髪染めデビュー [美容・ダイエット(?)]

私は毛染めをしたことがない。

茶髪がどうとかいう以前に、
気にしないでおこうと言ったってもはや
「気にしてない」なんて絶対言えない状況まで追い込まれていた、
白髪問題。

だって、前髪と、頭頂部が集中して白くなってんだもの。
(後ろと中のほうはたいしたことないらしい、美容師さん曰く。)

実際の量の問題はともかく、
パッと見、「白髪ばっかりの老女」な角度がある。
「気にしてないから」なんて言えません。気にしてます。気になります。

おしゃれ染めをせずにここまできたのは
毛染めの薬剤がコワイらしいという知識が邪魔をしたためで、
しかし「白髪染め」は話が別だ!

でも白髪染めってさー、
一度始めたら、もうやめられないわけよ。
やめる時にはかなりのエネルギーがいるわけよ。
自分で染めるのは面倒くさい、
美容院で頼むのは費用はもちろん時間も惜しい。
惜しい上に、

いくらきれいに染めたって、
1週間もしたら根元から白さ輝いてきて、
4週間目には限界。

4週間おきに必ず美容院で毛染めの為に半日過ごす生活、
そんなの、このズボラな私にできるだろうか。

と、悩んでる間にもどんどん白髪は増えてくる。
そこへ、お友達からのクチコミ情報。

主婦向けの時間帯のテレビショッピングで大人気、だって。
その名も「利尻昆布白髪染め」。

曰く
「添加物無し、自然派トリートメント」
利尻昆布エキスがどうのこうの…正直、胡散臭さ大爆発なのだが…

何せ、お友達は大絶賛だ。
お友達のお母様も利用して気に入ってるという。
お二方ともシティ~派の身だしなみにはウルサイ方々なのだ、
宣伝どおり、
本当にニオイがしなくてピリピリしなくて、トリートメント効果があるということか。
しかもお風呂で使ってあちこちシミにならないかって訊いたら
「ならない!」とキッパリ。

ネットでのクチコミも概ね良好。
ネットの中ではもちろん、けなしてる人もいるけど、
けなしてる人の情報も内容を分析して、
好意的なほうの情報を読み取れば、だいたい傾向はわかった。
ガッチリ染まる染毛薬を期待した人はガッカリし、
そうでない人は満足する。

というわけで、
楽天で「2本セットで6000円、税・送料込、10倍ポイント」
を見つけて、注文。

黒とダークブラウンを1本ずつ買って、
最初は黒を開封。
1回めはこわごわやったら染まりあがりは今一つ。
でも翌日、
2回目の挑戦はドーンとやったら「だいたい」染まってきて、
更に3回目には「ダークブラウン」を開封して試してみた。

(染めてない髪には
 1回目は色が入りにくいらしい。2回目もまだ入りにくいみたい。私は3回目から
 「お、染まってるな」と実感。)

「染め」というよりはたぶん、ヘアマニキュアのほうが近いのではないかな。
黒い毛に明るい色が載るほどの染め力は無いけど、
白い毛には色が入る。

翌日以降、洗髪する際にかなり色が落ちるようだけど、
宣伝文句どおりに
ニオイやピリピリ感は全く無いし、
確かに手は染まっちゃうけど洗えば落ちるし、
「色水でタオルやらを汚さないよう気をつける」程度の注意しか要らなくって、
髪がパサパサになるんでなしに普通のトリートメント効果があるので、
染め残しがあっても「まあいいや~」と思える。

本気のヘアカラーのインターバルに最適で完璧な白髪染めじゃないかなあ。
(お友達はもとよりそういう目的に使用しているのだ。)

というわけで、しばらくの間、
利尻昆布のお世話になろうと思います。
白髪染め世代には強い味方だよ~。

共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。