So-net無料ブログ作成

果たして我が社は下請けを泣かせ得るか [最近のできごと]

とある昼下がり、
このようなところから、我社にお電話が。

 経●産業省
 住所大阪府大阪市中央●大手前1丁目5-44
 問い合わせ先0●-6966-6037
 最寄り駅天満橋
 アクセス天満橋駅から徒歩約3分
   
しばらく前、
書類が郵送されてきた。
正確な名称は憶えてないが
「御社が使っている下請け業者についての調査書類」
を名乗るアンケートで、どっさり注意文言のついた内容のもので、
我が社のカイチョウ、
「ウチは下請けなんて使わないから」と
提出を無視した。
それがどうもこの、経済●業省からの書類だったらしい。

わたくし、元が保険会社の内勤社員でございますから、
少々の「ややこしい書類」にビビるよーなこた無いのでございますが、

役所の書類だきゃー、どーにもこうにも。

っつーか、似たような名称で
怪しい詐欺まがい企業からの郵便物が数多ある中、
まず私が開封して「なんだこりゃ」となり、
更に経営者たるカイチョウに手渡して
「ああこれはね、ウチはね、関係無いからね」で
ポイされたとて、
これはもう仕方が無いと思うのだ。
それがたとえ、督促の電話の後に2度目の郵便で届いて
2度までもポイされたとしてもだ。

で、改めて経●産業省からお電話が来たような次第だ。
以前は女性の事務員ぽい人からだったが
今回はいかにもお役人な男性からだ。
「国の調査で全員提出が義務で」云々、
さも書類を出さないウチがとっても悪いかのように。
(いや、悪いってことなんだろうけどさあ。こっちは関係ないわけだしさあ。)

あのさあ、怪しい詐欺まがい企業の連中が
軒並みそのようなトークで電話かけてくることくらい
オタクだってご存知でしょーーっ。
と言いたいのをぐっとこらえ、
(こらえるんじゃなかったよ)

ウチは下請けに該当するような取引が基本的に
皆無とは言いませんが殆ど無いです。
厳密に書けというならあるかもしれないですが
とにかくメインではないのです。

えんえんとやりとりがあったが
まあおおよそそんなカンジの回答で済ませたかったのだが、
書類の該当の欄に「該当する取引は無い、と書いてもらわねば
ならない」とおっしゃる。

それなら、と、
「そのコメント必要だっていうところに
 付箋でも貼って送ってくれたら
 上に取り次いでなんとかしますけど」
とまで申し上げたが、
これは法律を理解して提出する書類なんですよ云々
おっしゃられちゃね、

「ハッキリ言って、
景気のいい頃なら本当にそういう法律を理解した社員もいましたが、
今、ウチくらいの規模の会社に
そんな余裕はありません」

キッパリはっきり申し上げるしかないじゃないか。

更に我社いかに影武者的立場の中卸業者で、
いかに商品を流通させる「だけ」が商売であるかということを、
噛んで含めてこんこんと説明。
(ウソでもなんでもなく、ほんとう。)

なんかもうとにかく
こんな会社には何を言ってもムダみたーぃ、
ということだけは
経済産●省のおっちゃん…もとい、
担当の方も理解したよーだ。
その証拠に、
「で、その書類はまた郵送していただけるんですか?」
と問いかけたら
「今お聞きした内容をメモして処理しますので」
「お送りしてもまたその(あなたごときでは)分かりにくい
 ややこしい書類が届くだけですので、
 また分からないと思いますし。」
「わかりやすい書類にするよう検討したいと思います」

なんかぁ~、ちょっとムカぁ?(語尾上げ)な雰囲気で、終了。

あのさあ、
書類が「全く理解できなかった」わけじゃなく、
半分は理解したけども、
書類が正当な国の機関からの書類かどーか判別つかなくて

(説明が後になったが
 「経済●業省」名義の郵便物ではなかったのだ!
 っつか、経済産業●からの書類なら私も
 ここまでオロソカにはしないって。
 たぶんアンケート作って集めてるのはまさに
 とっとと仕分けしちまえよ!な第三セクターだ!)

気色悪いから放置したってことを訴えそびれたのが、
もう、たいそう心残り。

これはね、
「おたく、下請けいじめはしてませんね?」ってアンケートだったの!

「はい、いじめてます」って申告したり
「うわー、たいへんだあ、法律違反だから下請けいじめはやめよう」
と反省したり、
そんな会社がそもそも、「悪質な下請けいじめ」するわけ無いだろ!

いったいその「事実上存在しない抑止力」のために
ナンボ税金をつぎこんでるか、
正直に言うてみぃーーーーっ!!!!!!!!!!





と、そこまでは言えなくって、
あーあ、もう、

私って本当に気が弱い。

共通テーマ:日記・雑感

零細企業集金百景 [最近のできごと]

「小さいながらも楽しい(?)我が社」で
すっかり落ち着いた地味な日常のため、
ひとさまにお聞かせして楽しんでいただけるようなネタも無い
今日このごろ。

今月もどうにか予定の売上をクリアしそうで
とりあえずゴキゲンの我が社の社長(80歳超の御大、
一時期カイチョウだったが諸事情により再び社長に。通称カイチョウ。)、
しかし、
とある大口得意先からの今月分の支払手形がまだ届かないのが
気になるらしい。

この上得意先、
ウチからの二十日締めの請求書に対して
翌月半ばに手形を郵送してくるのだが、
この「半ば」をカイチョウ、どうしたわけか
「いつも10日ごろに送ってくるのに、遅い!」と、しつこい。
「あちらの経理に電話して、いつになるか訊きなさい」とも。

仕方ないので訊きましたとも、
いえいえ、入金処理が間に合いませんと
次月のご請求に繰越で載ってしまいますので
たいへん失礼かと上司が気にしておりまして、と
わけのわからん言い訳でもって。

何せこの大口得意先、
ウチとの取引が大口って意味でなしに
会社規模が業界第2位だかなんだかって大企業さんなので、
ハッキリ言って、
支払って貰えるかどーかをウチごときが
心配するような相手さんじゃないんである。

ゴールデンウィーク明けのスケジュールの問題で、
各支店からの請求書関係が本社経理に届くのが
ギリギリになっていて手続きが遅れております、
御用意でき次第先にご連絡させて頂きます、だって。

で、社長、
「いつも10日ごろなのに」ってまだ言うのを
やんわり「いえ、まあ、14日くらいですからね~」と誘導してみたら
「いやいや、ボクがつけてる記録によれば」と、自前の帳面を繰る。
で、
「おや、14日…19日・・・そうか。
でも、10日くらいのこともあったからね。」
「じゃ、もう少し待てばいいのかな。」

はい、社長、ぜひとも、
もう少し待ちましょうね。

っつか、まあ、私も日頃、大ポカをいくらもやらかしてるので
そうエラそうに言うつもりは無いのだが、
現在、会社の手形の台帳を管理してるの、アタシだ。
いくらなんでもこの勝負は、アタシが負けるわけ無い。

共通テーマ:日記・雑感

お友達と名古屋でランチ [お出かけ情報]

連休初日の土曜日、
北関東に住む友人が夫の実家に帰省する愛知県滞在に合わせて、
大阪と岐阜から名古屋で集合。

…とだけ決めてから探したランチスポットは、
いずれ平成史において
この10数年ほど続いた名古屋バブルの象徴となるであろう、
超高層駅ビル。
15階から上がマリオットホテルで、
52階のラウンジでは昼間はブッフェ形式のランチが楽しめ、
座席の予約も聞いてくれる。

20100501名古屋 店内.JPG
     
52階から名古屋市内を一望しながらのホテルランチ、
イベント感たっぷり。
お料理はすべて「奇をてらった」ところは無いのだが、
献立もアッサリ系からコッテリ系はもちろん、
ジャンクフードふうのものもバランスよく並んでいて、
しかも「シティホテルのお料理」としての水準をクリア。

20100501名古屋ランチ-1.JPG
     「ワカモレ」付きのマグロサラダは「お料理に変更のある場合」だったらしく見当たらなかったのが残念なんだけど前菜、メイン、デザート、は基本フレンチな献立で、企画ものらしいケイジャン料理も美味だった。

トレーに出された料理が半分も空く頃には
次の瞬間には新しいトレーを持った給仕さんが現れてとっとと入れ替えて、
お料理はいつも「たっぷり」。
そういう「格」の高いサービスで好感度バッチシ。
もちろん何度もお代わりを楽しむ。

20100501名古屋コラージュ.jpg
こーいう格の高いブッフェではラストオーダーの瞬間まではお料理が無くなることはまず無いので、面倒なようでも一回ずつのお皿を少ないめに盛って何度も通うのがお味を楽しむコツ。少ないめというか、普通のコース料理の時のお皿、のイメージ。いっぺんにたくさん盛ると食ってる間に料理が適切な温度から冷めたり、逆に冷たい料理が温まっちゃったり、また、思った味と違った時等に困るからだ。

ラウンジなので、低いテーブルとふかふかソファ。
ゴハン食べるには不向きな体勢になるが
この立地条件、お味、店内の雰囲気で、
税・サ込3900円(平日は3500円か)は、
かなりのお値打ち。
デザート類も充実。
名古屋でお喋りを楽しむのには最適。

むろん満腹になったので晩御飯はパス、と言いたいところだが、
一人で帰りの近鉄特急で2時間、と思うと
お腹いっぱいでもビールくらいは持ち込みたくなるのが人情。

20100501名古屋 帰りのつまみ.JPG

ビールは「違いの分からない女」なので
キオスクで一番安い発泡酒をつかんだが、
つまみは、せこいピーナツとかじゃ気分に合わないや、と、
高島屋の食料品売り場で「平目の押しずし」。
お刺身に好みの盛り合わせがなくって。

いやー、名古屋って、本当に素敵なところですねぇ……たとえ、駅しか観なくても。

共通テーマ:日記・雑感

ちょっとお出かけ [お出かけ情報]

連休初日の土曜日、ちょっと名古屋までお出かけ。
大阪から近鉄電車でひとっとび。←マチガイ

大阪・名古屋間を公共の交通機関で移動する場合、
新幹線か近鉄電車を利用するのが一般的。
新幹線で1時間、近鉄特急では2時間。

新幹線のほうが本数も多いし断然便利なのだが
当然のように近鉄電車よりお高い。
お高いのはともかくその発駅となるJR新大阪駅は
大阪南部の私んちからはけっこう不便で、
逆に
近鉄電車の発駅である難波駅はウチからは便利なんである。
だいぶん考えたが
値段と「便利」でウチから名古屋に行くには、
今回も近鉄電車に軍配を挙げた。

近鉄電車は「(俗にいう)株主優待券」で乗り放題、
街中の金券ショップでは、1枚1500円で買える。

20100501名古屋きっぷ.jpg

で、
今回、わたくし、
これ一枚だけで名古屋まで行ってしまいました。

つまり、
普通列車乗り継ぎで。
難波から3時間半弱。

特急券を1800円出して買えば
特急には乗れるのですが。もちろん。

「のぞみ」の時代になって久しいのでみんな忘れてるだろうけど、
もともと東京までの「ひかり」って、それくらいかかってたものだ。
その感覚で、まあいいか、と思ったのだ。

しかも待ち合わせが名古屋駅に午後1時で、
集合してすぐ「豪華ホテルビュッフェでランチ」
の予定だったから、
ヘタに早く着いてなんか食べちゃったらタイヘン、
それならギリギリ到着でいいや、
ギリギリ到着なら、普通列車でもいいや、と。
その上で「特急料金1800円が浮いちゃう」ので、
まあいいやの3乗くらいで普通列車で行くことに。

(ちなみに特急列車の回数券の金券ショップでの相場は
 1枚3200円。
 株主優待券1500円 + 特急料金1800円 = 3300円なので、
 特急に乗るつもりなら最初から特急の回数券が基本に。
 なかなかうまい設定で流通している。)

結論としては、

近鉄電車の大阪難波駅から近鉄名古屋駅までは
普通列車乗り継ぎ、と言っても
乗り換えは
難波駅から上本町まで出て、
上本町で急行に乗っておよそ2時間、で
伊勢中原駅で名古屋行きに乗って、1時間半弱。

乗り換えが少ないのでラク。と、思いきや、

ケツが痛ぇんだよ!安もんシートに座りっぱなしだと!

何もせずにぼーっとしてるのは得意だけど、
「特急」の「特」は「特別シート」の「特」でもあると思い知った。

でも旅行の機会が少ない最近の私には
久しぶりに「遠くに行く気分」満喫できてそれなりに満足なのだった。
…いや、帰りは普通に特急に乗ったんだけどね。

共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。