So-net無料ブログ作成
検索選択

試写会は楽し [映画を見た]

友人からありがたくも試写会のお誘いメールが。
しかも
シャーロック・ホームズ』!

観たい!観たい観たい!
観に行きたいと思ってたヤツだよー。

と、嬉しがって行ってきた。

宣伝では「新解釈」とか言われてるけども
実は「原作」を忠実に解釈するとこーいうキャラになります、
っていう典型が、この映画だと思う。

原作のホームズを客観的に解読すると、
彼はとにかくヘンなやつだ。
「偉大な探偵」と知らずにいれば、
ただヘンなやつだ。

そもそものワトソンとホームズのなれそめを
冷静に読むと分りやすい。

ルームシェアの相手を探し始めたワトソンに、
古い知り合いが
「それなら同じようにルームシェアしたい男を知ってるから
紹介しようか」
と持ちかけたのがきっかけ。
それがその旧友が在籍していた大学の研究室で
同僚だった当時まだ無名のシャーロック・ホームズだった。

しかしこの旧友、そうは言いだしたものの、
とにかくホームズはヘンな人なんで、
と、どうヘンな人なのか彼の性格について説明し、
紹介しないほうがいいとも思うんだが、
どーしてもっていうんなら、紹介したボクを恨まないでください
とまで言い切ってるんである。
そこを敢えて紹介して、その後の物語が始まる。

で、ワトソン。
従来型のマンガやドラマでは
とかくおマヌケな脇役として描かれるわけだが
原作を忠実に読んだ場合、
決してそうマヌケな男ではないのである。

ワトソンは
まっとうな軍歴を持つ医師で、
学生時代はラグビー選手として活躍した経験のあるタフガイ、
何よりいざって時にホームズ自身が「一緒に来てくれないか?」と
お願いするよーな相棒なんである。
もしワトソンが足手まといなおマヌケ君ならば、
仕事に関しては冷血なホームズくんが
誘う道理が無いんである。
ホームズが「お願いする」時点で
ワトソン=おマヌケキャラ イメージはむしろ、
誤ってるんである。

で、
変人ホームズと
有能な相棒のワトソンで
19世紀末ロンドンを舞台に
荒唐無稽探偵冒険ものを
「忠実に」作ったらこうなりました、

って、

これは、
なかなかの秀作。
久しぶりに2時間、退屈しない映画を観ました!

今日の会場はいかにもな試写会レベルだったので、
次はおカネ払ってちゃんとした映画館で観ておきたい。

 ちなみに今日いちばんビックリしたのは   セックスアンドザシティの予告編だった。   …悪評バリバリだったあの映画の、第二弾が、6月公開だって…。   だいっキライなキャリーのどアップもつらい予告編は   それを抜きにしてもなんかもう、SATCの魅力をぜんぶ絞りきった   絞りカスのような映像でした。…なんかつらそうな映画だよ…。

追記:その後、結局、映画館には足を運び損ねました。とほほ。

共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。