So-net無料ブログ作成

冬至にゆず茶作り [食べる]

今シーズンこそ高くても「ゆず」を買って、ゆず茶を作ろう!

と、昨シーズンから決意していた。

金曜の会社帰りに寄ったスーパーで
「すごく小さい柚子」が6個パックで100円だった。
どうせ刻むんだから小さくてもよさそうな気はしたが、
たぶん、翌日でも買えるだろう。
と、記憶にキープして買わずに帰った。

で、土曜の朝。
いつも行く八百屋さんで、大ぶりの柚子が2個100円。
値段だけなら前日に見た「小さいの6個で100円」とドッコイなわけだが、
12個で400円に負けてもらった。

冬至を過ぎれば安くなるだろうが、
冬至を過ぎたら店頭から消える商品でもあるので、
本当に手に入れたい時はそのへんの判断は、難しい。

ゆず茶を作るのは調べたら
約6年ぶりだった。

http://puki-pura.blog.so-net.ne.jp/2008-01-19
http://puki-pura.blog.so-net.ne.jp/2008-01-20
http://puki-pura.blog.so-net.ne.jp/2008-01-23

前回見たレシピと今回検索して探したレシピを応用して、
ゆずはタテに半分に切り、
絞り器で果汁をしぼり、
種を取りだし、
果皮を刻み(ヘソの部分は捨てて)
果皮と果汁を混ぜ合わせ
(つまり種とヘソ以外の部分は全て使う)
大瓶にこの刻んだ柚子と氷砂糖を交互に入れて、

漬け込んだ。

  2896363_2032545851_129large.jpg

  2896363_2032549681_24large.jpg

「フードプロセッサを使って」という人もあるようだが、
このくらいの量なら、手作業でざくざく切ったほうが多分、
風味がよいかと。
柚子と氷砂糖はほぼ同量を使用。
氷砂糖を少なくすると、そのぶん日持ちが悪くなると思う。
なお、氷砂糖でなく精製糖(ふつうのお砂糖)でも作れる筈なのだが、
氷砂糖のほうが不純物が無く、溶けやすいらしい。

毎日ゆすったりして中身を適当に混ぜて、
(混ぜるのを忘れると、表面がカビることが。←前回、ちょっとカビさせた。)
1~2週間したら小瓶に分けて冷蔵庫へ。

種は洗って乾燥させてから
化粧水を作ります。

 2896363_2032545853_37large.jpg
   ★鋭意乾燥中★
 

共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。