So-net無料ブログ作成

初老の体力 [最近のできごと]

なんとなく久しぶりに
「風邪で寝込んだ」週末。
というか、
生来「虚弱」とは縁遠い、
「たいして熱も出てないのに、寝込むなんて」
って認識の、
ふつうの体力の私は、
起き上がるのも無理な高熱だとか、
立ち上がれないくらいの腰痛でもないと
「寝込む」ことはなく今までやってきたのだが、

今回、
水曜の午後から急に不調になった自覚はあったものの、
たいして熱もないし…と、
会社にはもちろん行くし、
金曜夕方は「限界」ぽくなったものの
相変わらず「高熱で朦朧」まではいかなかったから、
土曜も家の中くらいはウロウロしていたら、

…治らない。

あきらめて今日は一日、
ゴハン食べる以外は
本格的に布団に入って寝て過ごしてみた。

数時間前にようやく、
最後の「悪いとこ」が、
消滅した…ような気がする。

治った。

そしてやっと気付いた。

風邪菌やっつけるための高熱を出せるのは、
若いうちだけなんじゃ…。

満四十四歳、
世が世ならバリバリの初老。

もう、
風邪菌を高熱で瞬間撃退!なんてワザは、
使えなくなっているんだ。
「調子悪い」は、
高熱を待たずに
寝て治さんと治らんのや。
そしてそのうち、
寝ても治らん日が来るんや…。

嗚呼。

ともあれ治った。

きっと明日のゴハンは
とってもうまいに違いない。

共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。