So-net無料ブログ作成

チェリーのコンポート [食べる]

さくらんぼのシーズン、
何かと「どっさり」食べなきゃ気のすまない私には
「果樹園のルビー」のごとき国産品よりも、
香りが落ちようがどうしようが
お手頃価格のアメリカンチェリーがお似合い。
ここ数年は、馴染みにしている八百屋さんが
「超お手頃価格品」として持って来てる時を狙って
買い込む習慣に。

201006-ちぇりー.jpg

「傷んでるのを選別してる手間のほうが惜しい」
と、キロなんぼ、どころか値段の根拠がよくわからない状態で
「200円でええわ」とドッサリつめてくれたところへ
「じゃ、400円頂戴」と言ってみたら
なんだかとんでもない量に。

だって傷んでるって言うから
半分くら傷んでるんかと思いますやん。

持ち帰ってからかなり「業者目線」で選別したけど
捨てたのは1割足らず。
量ってないけど多分、
捨てた以外の量だけでも3キロくらい買ったことになるんだろうか。

例年、これくらいウッカリ買ってしまっても
自前で食い切るのだが、

今回は、以前から気になっていたレシピ
「チェリーのコンポート」に挑戦してみた。

カニフォークで種を取り出してから、
水と砂糖を混ぜて沸騰させたところにぶち込み、10分弱。
形を残したいと思ったら煮込む時間はこれくらいが限界のようだ。

火からおろして、レモン汁とコアントローを足して、冷ます。
(本来ならキルシュが理想だが、無いので、とりあえず常備のコアントローで。)

  註:コアントローはオレンジのお酒、キルシュはさくらんぼのお酒

色も香りも楽しい作業なので、面倒な感じがしないのがよろしい。
そのまま頂くという手もあるが、
我が家ではヨーグルトで割って頂きます。

共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。